SomeBirdie to Love...

愛する小鳥たちの日々、大好きな音楽、映画、美味しいもの。。。。。等々 気ままに綴っています
∧top | under∨


クライマーズ・ハイ

本を知り合いに貸してそのまま戻って来ないことがよくあります。

この本もそうでした。

あの日航機123便の事故を題材にした本が読みたいといっていた以前の職場の先輩に
いくつかピックアップして渡した本の中に山崎豊子氏の「沈まぬ太陽 - 御巣鷹山編」と共にこの「クライマーズ・ハイ」がありました。
読み返したいと思ったときに本棚を探して「あ!そういえば。。。」と気づく始末です。
(借りたものを返さない人って意外に少なくないことには改めて驚きを感じますが、私という人間自身が安くみられている所以かもしれません。。。sigh)


クライマーズ・ハイ (文春文庫)クライマーズ・ハイ (文春文庫)
(2006/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る



作者の横山秀夫氏が事故当時に群馬県地元新聞記者としての体験をもとに書かれた作品です。
報道人のプロフェッショナリズムとその組織社会にフォーカスした内容でしたが
「報道」という情報の送り手側の苦悩がありありと伝わってきました。
精緻な判断力を極限状態で瞬時に要求される凄まじい職責、そしてそれらをマネージメントせねばならない人間たちの仕事にかける思いに深く魅せられてしまいました。

映画化版は原田眞人監督作品らしい興味深い出来映えでした。






ちなみに山崎豊子氏の「沈まぬ太陽」映画化作品
「日の丸と鶴丸」の積年の圧力を乗り越えて昨秋悲願の公開を果たされたようですが、、、
ご遺族の方々がこの映画をご覧になられて果たしてどのように感じられたことでしょうか。。。
現在の依然、役人体質の抜けない当該航空企業の成れの果てを目の当たりにしていっそう
521名のかけがえのない命に対するこの映画の裏側に感じられる軽々しさに、個人的には何とも言えない気持ちになりました。
内容はともあれ公開できたこと自体に意味があるとも言えるやもしれませんが。。。








ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20100718161052.jpg
ehonbn.gif
icon_016445_512.jpg
別窓 | Book | comment:0







<<赤坂 津つ井 | SomeBirdie to Love... | カッパの休暇>>


この記事のコメント

∧top | under∨


コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 





| SomeBirdie to Love... |




小鳥たちのご飯とサプリメント、止まり木やおもちゃ等を送っていただいているアメリカのぴかさんのサイトです
3-26-4.jpg

小鳥たちのご飯を送っていただいている北海道の丸山さんのサイトです
栽培 blog「喜 楽 元」
3-26-4.jpg

小鳥たちのおもちゃを送っていただいているドイツの、とりきちさんのサイトです
t-yokocho-banner1.gif

我が国で鳥たちのサンクチュアリ「TSUBASA」を運営されている千葉県の松本さんのサイトです
linkbn_cap_m.gif

我が故郷 島根で活動されている のりさんのサイトです
top_banner_20090301105804.jpg

日向あいさんの絵本によるメッセージです
ehonbn.gif